HOMEすべての記事カーシェアリング利用中のトラブルカーシェアリングの車をぶつけた!事故が起きたら保険はどうなる?

カーシェアリングの車をぶつけた!事故が起きたら保険はどうなる?

利用中のトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厳選!イチオシのカーシェアサービス

サイト名総合ポイント詳細
カレコ・カーシェアリング 豊富なラインナップ

ドコモのdカーシェア dポイントが使える

タイムズカープラス 全国に拠点あり

おすすめサイト詳細一覧

カーシェアリングは、車を自分で保有していなくとも自家用車のような感覚で利用できるサービスであり、年々利用者数を伸ばしています。
ただ、自分が保有する車ではないということで不安を感じる人も少なくなく、そこでよく疑問とされるのが「もしぶつけた時はどうなるのか」ということです。

車を運転していれば誰でも事故を起こす恐れはありますから、そうしたことに不安を感じるのは良いドライバーの証拠でもあるでしょう。
ではもし、カーシェアリングの車をぶつけた時にはどうなるのでしょうか。

基本的には保険が適用されるため問題ない

まず基本的なことを話しますと、カーシェアリングの車は全て、法人向けの自動車保険に加入しています。

この保険はカーシェアリングの業者によっても内容が異なりますが、対人補償や対物保証などについては無制限で設定されていることが多いですから、カーシェアリング会社に連絡して保険を適用してもらえば、加入者が賠償金を支払う必要はほぼありません。

飲酒運転をはじめとした違法行為があった場合や、契約者以外が運転をしていた場合には例外になるために注意が必要ですが、契約者が法令を順守して運転をしていたのならば、ぶつけたとしても補償はしっかり受けられるでしょう。

ただ一部実費負担になることはある

ただ、保険があるから事故に際して一円も払わなくて良いというわけでもなく、おおよその業者は、車両が破損した場合にユーザーに車両を提供できなくなったことで生じた損害を補償してもらう制度を導入しています。

某大手業者は、自走不能の事故が起きた場合には5万円、自走可能な事故が起きた場合は2万円としており、こうした費用負担については契約者側が支払う必要があるために要注意です。

事故が起きた時は正しい対処が必要

さて、こうしたことを踏まえると、カーシェアリングの車で事故を起こしたとしても数万円の費用負担だけで保険を利用できることになります。
ただし注意が必要なのが、これは事故発生直後に業者側へ連絡をしなくてはならないという部分です。

もちろん怪我人の救護や二次被害の予防、警察への連絡といったことはしなくてはなりませんが、そうした処置が完了したのであれば即座に業者側へ連絡をするようにしましょう。
この連絡が無いと、カーシェアリング側は事故の発生を知ることが出来なかったということで、保険適用の対象外になる上、会員資格もほぼ間違いなく取り消し処分になります。

カーシェアリングは、ルールを守って正しく利用するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめサイト詳細一覧
カレコ・カーシェアリング
サイト名拠点料金補償サイト
カレコ・カーシェアリング
  • いろいろなクルマが楽しめる!豊富なラインナップ
  • チャイルドシート無料貸出サービスがおトク
  • 24時間の電話サポート!保険・補償制度も完備

詳細はこちら

ドコモのdカーシェア
サイト名拠点料金補償サイト
ドコモのdカーシェア
  • カーシェア・レンタカー・マイカーシェアがまとめて使える
  • 登録は簡単♪最短5分で予約ができる
  • dポイントが貯まる!使える!

詳細はこちら

タイムズカープラス
サイト名拠点料金補償サイト
タイムズカープラス
  • 距離料金0円!料金は使った時間だけ
  • PC、携帯、スマホでいつでも予約可能
  • 予約時や運転中に便利な機能がたっぷり!

詳細はこちら

カーシェアリング利用中のトラブル関連記事