HOMEすべての記事カーシェアリングの基本情報カーシェアリングの設置台数が多いのは首都圏・関西圏・福岡

カーシェアリングの設置台数が多いのは首都圏・関西圏・福岡

基本情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厳選!イチオシのカーシェアサービス

サイト名総合ポイント詳細
カレコ・カーシェアリング 豊富なラインナップ

ドコモのdカーシェア dポイントが使える

タイムズカープラス 全国に拠点あり

おすすめサイト詳細一覧

全国的に利用者と設置台数が増えているカーシェアリング。
とりわけ首都圏・関西圏・福岡では、めざましい伸びを見せています。

これらの地域に共通するのは、大都市という点。
この条件とカーシェアリングの設置台数には、密接な関係があります。

設置台数の多い背景についてはいくつかあり、以下のような事が考えられます。

背景1 クルマを使う頻度

生活にクルマが必須の地方と比べて大都市へ住む人は、移動について多くの選択肢を持っています。

目的にしたがって電車やバスを使い分け、クルマは選択肢のひとつにすぎません。使う機会も買い物や家族での遠出など、ここぞという場面に限られています。

そのような「月に数回だけ」へ、上手く応えた方法がカーシェアリング。マイカーの維持費やレンタカーの面倒な手続きといったデメリットを避け、「使いたいとき・気軽に・格安で」を実現しました。

大都市のライフスタイルにマッチした結果、首都圏・関西圏・福岡でカーシェアリングが普及しています。

背景2 土地代の高さ

首都圏・関西圏・福岡は周辺の地域に比べて土地代が高く、「土地代だけで地方の家が2件建つ」という例えがあるほど。

駐車スペースを借りるにも1台分で月に数万円は当たり前、クルマの維持費と合わせてマイカーを所有する障害となっています。そこで駐車場代と維持費を折半する、カーシェアリングの考え方が受け入れられました。

利用者は使う頻度にしたがって分割された、駐車場代込みの料金を払うだけなので、マイカーを所有するより出費が大幅に抑えられます。

土地代が高ければ、居住スペースも駐車スペースも相応に分割される。それはごく自然な流れなのかもしれません。

背景3 大都市の人口密度

大都市は人口密度が高く、限られたエリアに多くの人が住んでいます。それだけに生まれるニーズはさまざまで、「クルマを乗りたい時だけ使いたい」もそのニーズのひとつ。

カーシェアリングでも乗る目的、頻度、時間帯は多種多様。生活リズムがある程度安定した地方に比べ、同じステーションでも使い方がバッティングしにくい特徴があります。

カーシェアリングの運営会社にとっても、住民が多いのは利用率の高さが見込まれ収益を生むチャンス。

より沢山の人が使う場所を求めて、ちょっとした空きスペースの開発に日々取り組んでいます。そのため高収益の見込まれる首都圏・関西圏・都市部に、設置台数が増えていく傾向がますます強まると予想されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめサイト詳細一覧
カレコ・カーシェアリング
サイト名拠点料金補償サイト
カレコ・カーシェアリング
  • いろいろなクルマが楽しめる!豊富なラインナップ
  • チャイルドシート無料貸出サービスがおトク
  • 24時間の電話サポート!保険・補償制度も完備

詳細はこちら

ドコモのdカーシェア
サイト名拠点料金補償サイト
ドコモのdカーシェア
  • カーシェア・レンタカー・マイカーシェアがまとめて使える
  • 登録は簡単♪最短5分で予約ができる
  • dポイントが貯まる!使える!

詳細はこちら

タイムズカープラス
サイト名拠点料金補償サイト
タイムズカープラス
  • 距離料金0円!料金は使った時間だけ
  • PC、携帯、スマホでいつでも予約可能
  • 予約時や運転中に便利な機能がたっぷり!

詳細はこちら

カーシェアリングの基本情報関連記事